もしもドロップシッピングの商品の特性を考える

MENU

もしもドロップシッピングの商品の特性を考える

商品選びの第一のコツは、商品特性を掴む事です。商品特性と表現すると、何だか難しそうですが、実はそんなに難しい事ではありません。「ドロップシッピングのショップ形態」で説明したように、ショップには3種類の形態があります。

 

1商品に特化したペラショップ
メーカーや商品バリエーションに特化した専門店
量産ツールを利用した総合ショップ

 

商品特性とは、この商品はどのショップ形態に適しているのかを判断する事です。

 

例えば、
1商品ショップを作成しようとしたときに、カラーバリエーションが2〜3種類ならまだ対応できますが、5〜6種類になってきたら、1商品のペラサイトより、小さな専門店の形態にした方が良いと思いませんか?

 

亀山社中 ファミリーセット 大

また、亀山社中の焼肉セットは10種類ほどのバリエーションがありますが、その中の1種類だけ抜き取ってペラサイトを作るより、しっかり10商品を取り扱かった専門店を作った方が良いと思いませんか?


商品特性を判断するとはこの事です。

 

初心者はショップできすぎくんでサイト作成する事が多いかと思いますが、ショップできすぎくんは専門店作成にとても向いています。1カラムにしてペラショップの集合体にしても良いでしょう。ショップできすぎくんは様々なタイプのショップを作製する事ができる優れものなんですよね♪

 

ショップできすぎくんは5つのショップを作製する事ができます。その5つをどのような形態、どのような専門店にするのかを設定しておくと商品も選びやすくなると思います。

 

売上が0円の初心者におすすめ

 

特に、まだ売れた事のない初心者の方にお勧めしたいのが、独立型の商品を選び、ショップできすぎくんで1カラムのペラサイト集合体を作る事で、SEO対策は考えず、PPC広告で売っていくパターンです。1つ出稿して1つ売れる事はまずありませんが、慣れてくるうちに打率は1割・2割・3割と上がってきます。1商品をしっかり営業を掛けて売るペラショップの場合は、1商品が独立した商品が向いています。

 

後は、売れる商品だけをPPC広告に残して、売れない商品は外していきます。このトライ&エラーをたくさん繰り返せば、必然的にごPPC広告の利益率も上がり、ゴールドランク⇒プラチナランクと上がっていくでしょう。

 

 

商品選びの第一のコツは、商品特性を掴む事!この事をしっかりと理解します。

もしもドロップシッピングの商品の特性を考える関連ページ

商品びは利益を考える
もしもドロップシッピングの商品を選ぶコツの1つとして、は利益を考える
どのような商品を選ぶのか
もしもドロップシッピングの商品を選ぶコツの1つとして、どのような商品を選ぶのかを解説します。