もしもドロップシッピングと相性抜群!キーワード広告(PPC広告)A

MENU

もしもドロップシッピングと相性抜群!キーワード広告(PPC広告)A

ここでは、赤字にならない安全な運営方法をご説明します。赤字にならない方法をしっかり学び、その上で利益を増やす方法を模索してみてください。

 

PPC広告の運営の流れ

 

キーワード選び
広告文設定
出稿
メンテナンス

 

簡単に言うと、こんな感じでしょう。

 

キーワード選び

赤字にならないキーワード選びは、「商品名(型番)+アクションキーワード」です。
掛け合わせの複合キーワードは2語〜3語が基本です。

 

ピンポイントで商品を探しているお客様は、購入率が高いので無駄クリックを避ける事ができます。商品名や型番はまさにピンポイント!クリック数が少なくても構いません。なぜなら、安全だからです。

 

アクションキーワードとは、通販・販売・送料無料・即日発送など、無数にあると思うので、リストアップして用意しておくと良いです。

 

※レビュー・口コミなどの販売に繋がりづらいアクションキーワードには気を付けましょう。
当サイトでは、【完全一致】を推奨しています。

 

広告文設定

広告文は強い言葉を入れてクリックを誘いますが、その前に、商品の詳しい情報を入れると効果的です。商品の詳しい情報を入れておけば、お客様が広告文を読んだだけで、ある程度の判断をしてくれます。ある程度の判断をしてくれるという事は、購入率が上がると共に無駄クリックが防げるという事です。

 

僕が様なキーワード広告を見て感じるのは、

  • 広告文が弱い
  • 一見何の商品を扱っているか分からない
  • 値段や送料などのお客様のコストが見えない

この辺を抑えて出稿すれば、初心者の方でもクリックを集める事ができるでしょう。

 

メンテナンス

メンテナンスはPPC広告運営の上で最も重要な作業となります。クリック率を上げる為の作業、キーワード単価など、常に微調整を行い、適正な設定になるように気を配ります。
※キーワードは1つずつ設定しましょう!

 

PPC広告に関して
当サイトでは、PPC広告と言う表現をヤフーリスティング広告に統一して使用しています。PPC広告はグーグルアドワーズもありますが、現在はドロップシッピングやアフィリエイトのサイトは、ほぼ出稿が不可能な状態になっています。

Yahoo!リスティング広告だからできるピンポイント集客術

 

もしもドロップシッピングと相性抜群!キーワード広告(PPC広告)A関連ページ

もしもドロップシッピングの集客について
もしもドロップシッピングの集客ノウハウについての概要をご紹介します。
キーワード広告(PPC広告)@
もしもドロップシッピングの集客ノウハウ、キーワード広告(PPC広告)についての説明です。
キーワード広告(PPC広告)B
もしもドロップシッピングの集客ノウハウ、キーワード広告(PPC広告)についての説明です。
SEO対策@
ドロップシッピングのSEO対策に特化してお伝えします。