もしもドロップシッピングの専門店を作成するなら

MENU

専門店を作成するなら

もしもドロップシッピングで安定した売り上げを求めるのなら、専門店の作成は必須となります。さて、専門店とはどのようなものなのでしょうか?商品選びをする前に、専門店とは何かという事を理解しましょう。

 

我々個人レベルで運営する専門店は、ジャンルやターゲットが狭ければ狭いほど効果的です。イメージするのなら、小さな商店であったり、大型ショッピングモールの専門店街に入店している個々の店舗です。

 

そんな実店舗にはどんな商品が販売されているでしょうか?どのような形態で販売されているでしょうか?そんな事を考えながら、自分がどんな専門店を作れば想像してみましょう。

 

専門店には大きく分けると2種類に分類されると考えます。そして、僕は下記のような呼び方をしています。

 

・メーカーや商品に特化した専門店…ミニ専門店
・ジャンルや用途に応じた専門店…コンセプトショップ

 

ここで言うミニ専門店が、SEOでもPPC広告からの集客でも売り上げ易い専門店です。専門性に富んでいるので、PPC広告の集客もリスクが少なく、SEO対策ではキーワードが絞れるので難易度は低くなります。

 

対してコンセプトショップの場合は、PPC広告に出稿するにはリスクがあります。またSEO対策としては、ミニ専門店よりもキーワードが広くなる傾向があるので、難易度は上がります。しかし、コンセプトショップでSEO対策に成功すれば、長く安定した売り上げが期待できます。
※PPC広告のリスクに関しては、集客の項目で説明します。

 

では、各専門店の商品選びについて説明します。

 

ミニ専門店に関しては、商品単位、メーカー単位で選ぶと良いでしょう。

 

コンセプトショップに関しては、事前にある程度の計画を立てておくことをお勧めします。無作為に商品を追加しても意味が無いので、ショップ内でメーカーごとに分けるのか?使用方法によって分けるのか?など、カテゴリー分けをハッキリさせておきましょう。

 

 

これらの専門店を作成する場合は、ショップできすぎくんでは5つしか作れないので、それなりのソフトなりツールが必要となります。また、ドメインやサーバーも必要になります。そして何より、キーワードと言うものを理解しなくてはいけません。

 

専門店作成を本格的に考えている方は、当サイトで様々な要素を考察・検証してみてください。

もしもドロップシッピングの専門店を作成するなら関連ページ

ショップを作る前にペルソナ設定
もしもドロップシッピングの販売ページを作る際にはペルソナ設定を行います。
初心者は1ページを丁寧に作るのがおすすめ
もしもドロップシッピングの販売ページを作る際に初心者は1ページを丁寧に作るのがおすすめ