ドロップシッピングのショップ形態

MENU

ドロップシッピングのショップ形態

もしもドロップシッピングを運営するにあたり、どのようなショップを作ったらよいのでしょうか?特に初心者の方は、イメージが湧きづらいと思います。ここでは、王道の3パターンをご紹介します。

 

ドロップシッピングショップの王道3パターン

1商品に特化したペラショップ
メーカーや商品バリエーションに特化した専門店
量産ツールを利用した総合ショップ

 

ショップは絞りに絞った方が、作りやすく、売れやすい傾向があります。また、キーワードがニッチになる傾向があるので、SEOの難易度も下がり易くなります。

 

1商品に特化したペラショップ

1つの商品を1ページで目一杯営業をかけるショップ形態で、実は最も売れやすかったりします。イメージとしては、新聞広告のチラシだと思ってください。気合いの入ったランディングページを作る事ができれば、少ない集客でも大きな売り上げに繋がる可能性もあります。基本的には1カラムページ。僕はシリウスで作っています。

 

メーカーや商品バリエーションに特化した専門店

最もオーソドックスで、SEOの難易度も自分でコントロールでき、間違いなく主力となるショップ形態です。僕だけに限らず、上位オーナーはこの形態のショップを多数所有しています。専門店はメーカーごと、商品ごと、ジャンルごと、販売を想定したペルソナごとに作ると良いですね。ツールは断然シリウスがお勧めです。

 

量産ツールを利用した総合ショップ

僕自身も初心者の時に憧れだった総合ショップは、日に日に難易度を増すグーグル(ヤフー)のSEO対策にはとても不向きです。ただし、PPC広告を利用して、素早く利益を上げたい時には重宝します。

 

僕の見解ですが、もしもドロップシッピングの全商品を取り扱う総合店は、現在の検索エンジン(グーグル)には通用しません。数年前までは、検索結果に表示されていましたが、現在では圏内(100位以内)に入っている総合サイトを見る事がありません。また、ツールで作るショップは、商品ページが他の人が作ったページと同じになる可能性があるので、ミラーサイトと認識される可能性があります。量産ツールを使う際はその当たりを注意する必要があります。

 

ただし、量産ツールの総合店は大きな武器にもなります。SEO対策の事は考えず、PPC広告で売り上げを伸ばしたい時は、これほどありがたいショップはありません。「今すぐ売りたい!」そう考えた時に総合店を持っていれば、ページ作成の時間が省けますからね♪要するに使いようという事です。

ドロップシッピングのショップ形態関連ページ

誰でもチャンスがある?
ドロップシッピングを始めるにあたり、ドロップシッピングの特徴をご説明します。
アフィリエイトとのちがい
ドロップシッピングとアフィリエイトの違い(゜-゜)をご紹介します。
ドロップシッピングは2面性
ドロップシッピングを始めるにあたり、2面性の特徴をご説明します。
商品力とページの力と集客力
ドロップシッピングを始めるにあたり、商品力とページの力と集客力をご紹介します。